The Soft World - Beatrice Waanders Home Couture

L’Atelier Beatrice Waanders Home Couture ホームクチュール

The Soft Worldへようこそ:
100%ホームクチュール(クッション、クロス、ランプなど)
100%ハンドメイドフェルト100%エコロジカル
100%クラフトマンシップ100%ナチュラルカラーおよび無染色
100%ウール(古代ヨーロッパ種の羊、ラビット、ヤギより採取)
100%アニマルフレンドリー 100%スローデザイン100%オランダ製
100%愛を込めた製品

オランダのフェルト製造企業The Soft Worldは100%エコロジカルな企業です

The Soft Worldについて

当社は2008年にオランダ人デザイナーBeatrice Waanders(ロッテルダムのウィレム・デ・クーニング・アカデミー(Willem de Kooning Academy of Art and Architecture, 1997)卒業)によって創立されました。彼女のブランドであるThe Soft Worldは、2008年にロッテルダムで開催された100% Designでデビューを果たしています。ダッチ・デザインウィーク(Dutch Designweek)に3回、パリで開催される大規模なインテリア関連の見本市であるメゾン・エ・オブジェ(Maison & Objet)および併催の最新デザインが発信されるシーン・ド・インテリア(Scenes d’Interieur)に3回出展した経験があります。 現在は、世界中の30ヶ所以上の拠点で製品の販売を行っており、Beatriceのマスタークラスを受講するために世界中の人々がロッテルダムを訪れています。

デザイナーである
Beatrice Waandersについて

The Soft Worldは、オランダ出身のフェルトデザイナーであるBeatrice Waanders(1970年生まれ)のブランドです。Beatriceは、オランダのロッテルダムにあるウィレム・デ・クーニング・アカデミーで学び、1997年にインテリア設計および素材デザインの学科を卒業しました。オランダ外務省にインテリアアーキテクトとして数年間勤め、世界中の大使の官邸および大使館の設計や装飾を行いました。外務省のコレクション管理者を任された際に、素材に関する多くの知識を得ました。2008年に、キャリアを変更してフェルトデザイナーとなり、ティルブルフにあるオランダテキスタイル博物館のような有名なテキスタイル関連機関で講師を務めています。

The Soft Worldの製品について

ホームコレクション(ピュア): クッション、クロス(ソファー用ブランケットやベッドカバー)、フットスツール、プーフ。さまざまな古代ヨーロッパ種の羊から採取したピュアで無染色の梳毛を原料とします。

ホームコレクション(クチュール):

クロス(ソファー用ブランケットやベッドカバー)、フットスツール、カーテン、カーペット。非常に特殊な古代ヨーロッパ種の羊から採取した梳毛処理されていないウールを原料とします。また、ラビット、ヤギ、ラマ、キャメルなどの高級な上質ウール、シルクのような質感の アンゴラ、モヘア、カシミア、アルパカ、キャメル、シルクなども原料とします。フェルト製品に上記のような高級素材を使用することは斬新な手法であり、繊細で洗練されたコレクションを展開しています。

ールの入手元

The Soft WorldのBeatrice Waandersは自分の希望にかなうウールを探し求めてオランダ国内各地を訪問しています。ドレンテ・ヒースシープの場合は、羊飼いから直接ウールを購入し、その他のウールは、動物たちをペット同様に飼育している農場主らから直接購入しています。このように、The Soft Worldのウールは完全にアニマルフレンドリーなウールです。

The Soft Worldの理念

The Soft Worldの製品はすべて、数世紀間受け継がれたフェルト製造法を用いたハンドメイドによって製造されるため、あらゆる面で特徴的です。すべての製品が、ロッテルダム(オランダ)にある、以前は学校として使用されていた The Soft Worldの広大なアトリエで製造され、オランダ人女性達の手によって紡糸、起毛、織りなどの作業が行われます。The Soft Worldは、フェルト製造工程でも仕上げでも化学製品を一切使用しません。使用するのは、水、オリーブ石鹸、人力のみです。The Soft Worldの製品は、動物と地球にまったく優しい製品です。ウールにも染色を施すことはなく、The Soft Worldでは、動物そのものが保有する色彩豊かなカラーパレットを活用しています。そのため、The Soft WorldのデザイナーであるBeatrice Waandersは、オランダに生息する忘れ去られた古代ヨーロッパ種の羊、ヤギ、アルパカ、ラビットのウールを使用しています。

フェルト製造工程について

フェルトは、ウール繊維を熱湯や近年では石鹸水で湿らせて、振動や圧力を加えて縮絨させた不織布です。フェルト製造は人類初の手工芸の1つであり、最古の繊維製造技法です。人類が羊を家畜として飼い始めて間もなく、中央アジアおよび北東アジア(モンゴル)で始まりました。当初、人々はフェルト製のテント、ラグ、布地を製造していましたが、地域によっては今でも遊牧民らが同様の製品を製造しています。

ウールについて

古代ヨーロッパ種羊毛
The Soft Worldは、英国のウェンズリーデールロングウール(Wensleydale Longwool)、ブルーフェイスド・レスター(Blue Faced Leicester)、リンカーン(Lincoln)、オランダのドレンテ・ヒースシープ(Drents Heathsheep)、ズワルトブレス(Zwartbles)、ドイツのシュタインシャーフ・モアーシュヌッケ(Steinschaf Moorschnucke)、スイスのヴァリザー・シュヴァルツナーゼ(Walliser Schwarznase)、ハンガリーのラツカ(Racka)、スウェーデンのゴットランドシープ(Gotland Pels)など、忘れ去られた古代ヨーロッパ種の羊毛を使用しています。The Soft Worldでは、40種以上の羊毛を使用しています。世界中には1000種を超える品種の羊が生息しています。これらの品種は、趣味として羊を飼育する人々のおかげで絶滅の危機を逃れ、各品種の羊とその羊毛はさまざまな構造や白、グレー、茶色などの微妙に異なる色を有しています。

モヘア、アンゴラ、カシミア、アルパカ、キャメル、シルク…

The Soft Worldでは、前記の羊から採取した羊毛とラビット(アンゴラ)、ヤギ(モヘア、カシミア)、アルパカ、キャメル、シルクなどのその他の動物から採取した獣毛を組み合わせています。獣毛は、販売を専門としている人ではなく、オランダ国内において趣味で動物を飼育している人から入手しています。このように伝統的な高級素材を組み合わせて使用するThe Soft Worldの手法は、革新的であり、他に類を見ません。アンゴラ、アルパカ、カシミア、キャメル、シルクのような伝統的な高級素材を使用し、独自の革新的技法でフェルト製造を行う企業は The Soft World のみです。さまざまな特別品種の羊から採取したままの無染色な羊毛を、その他の動物の獣毛と組み合わせてフェルトを製造するという技法は世界でも特異です。

アート&建築

The Soft Worldは、建築の特殊プロジェクトにおいて独特な役割を担っています。たとえば、ウォールパネル、フェルト製壁紙、壁掛け、カーペット、窓周りの装飾、部屋の仕切り用クロス、天井用装飾、大型ランプシェードなどを提供しています。公共の建物の空間や天井にフェルトが利用されていたり、特殊サイズの窓にフェルト製のパネルが取り付けられていたり、大きな階段の上部の壁にフェルト製の装飾が施してあったり、ホテルの受付の後ろがフェルト製の壁だったり、会議室の壁紙がフェルト製だったり、アパートの部屋の仕切りがフェルトで作られていることを想像してみてください。利用法は無限です。The Soft Worldの洗練されたフェルトデザインは、 現代建築に特別な温か味を加えることができます。 ナチュラルカラーの天然フェルトは、現代建築で使用される豊富な素材との組み合わせに最適です。多くの人々がフェルトの自然な風合いに好意的な感情を持ちます。フェルトは、要望に合わせてどんなサイズにも対応し(継ぎ目なしの場合もあり)、
The Soft Worldでは、プロジェクトに最適な組み合わせのご提示が可能です。インテリアアーキテクトであるBeatrice Waandersは、多くの高級プロジェクトに携わった長年の経験を持ち、お客様のプロジェクトでも最高のデザインをご提供いたします。

購入について

製品の購入については、電子メールでお住まい地域の販売店をご確認ください。

TEL:0031 6 1680 5612、info@thesoftworld.comホームページ: